秋のふんわりコーデで体型隠し

体型で気になるのがくびれって方もいると思います。太くはないけど、メリハリがないというタイプ。締まるところがしまっていないからスタイルがよく見えないという悩みがある人におすすめなふんわりコーデを紹介します。メリハリがないのであれば、細い手首や足首に意識を向けて、身体のメリハリがないのを感じさせないようにすれば問題なしです。基本ですが、色の見せ方や柄やラインの使い方で、体型に意識をさせないように工夫しましょう。秋ファッションなので、白や薄いピンクなど膨張色を使いたいところですが、そればかりだと太く見えてしまうこともあるので、収縮色の寒色系を混ぜたりするのも大切です。柄は、ストライプを使って縦への意識を持たせます。素材は、さらっと切れるレーヨンやポリエステルがボディラインを出すことなく自然なドレープで縦ラインを強調してくれるので着痩せコーデにはぴったりな素材となります。このような意識で、ゆったりとしたシルエットで着れるものを選び、手首や足首の細い部分だけ出してメリハリを見せましょう。縦ラインを強調できるIラインのワンピースやロングカーディガンは、目線を上下に動かすので体型を隠すコーディネートには最適です。

秋のビジネスに適した素材

秋のビジカジ(ビジネスカジュアル)に適している素材には、以下のようなものがあります。
一つ目は、「ツイード」。
スコットランドなどが発祥の素材であり、太くて短い羊毛が使われています。
生地は厚めでありながら、軽く柔らかい素材で、スーツやジャケットによく使われています。
二つ目は、「フランネル」。
毛羽立ちのある紡毛糸を使い、フェルト系の生地に仕上げた素材です。
ツイードと同じくスーツやジャケットに使われていますが、毛羽立ちがあるのでツイードよりも折り目が見えにくいというのが特徴です。
三つ目は、「サキソニー」。
これは、フランネルと同様に紡毛糸を使った素材です。
フランネルと似た風合いですが、こちらのほうが仕上がりがやや薄めです。
四つ目は、「コーデュロイ」。
表面の凹凸が特徴的な素材です。
見た目から暖かさが感じられ、実際に保温性も高いので、秋冬の素材としては定番といえます。
ジャケットやパンツによく使われ、ニットやカーディガンと合わせやすいというのも特徴です。
五つ目は、「シャンブレー」。
縦と横で違う色の糸を使った素材です。
高い通気性を持ちながら、作りが丈夫というのが特徴です。
一見デニムと似ていますが、シャンブレーのほうが薄く、色落ちもしにくいという所が違いです。

下半身をカバーできるすっきりコーデ

下半身とは一言で言っても、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、それぞれ気になってる場所はそれぞれです。一つ工夫をすることでスタイルアップにつながります。
まずはヒップ。ヒップが気になる方は、ロングスカートやフレアスカートがお勧めです。ひざ丈のフレアスカートは上手にヒップを隠してくれますし、ロングスカートはややハイウエスト気味にし、トップスも短めがポイント。ダラーっと眺めのトップスだと寸胴に見えて逆効果。ロングスカートはポイントさえ押さえたら、縦ラインができるので着やせ効果があります。
次に太もも。太ももが気になる方も、上記のフレアスカートやロングスカートもお勧めです。さらに、太ももは緩めで下に向かって細くなるテーパードパンツや、ボーイフレンドデニムなどがお勧めです。
また、テーパードパンツやボーイフレンドデニムをほんの少しだけロールアップし足首を出し、パンプスなどを合わせると、脚長効果もグンとアップします。
最後にふくらはぎ。ふくらはぎが気になる方には、ガウチョパンツやワイドパンツ、ミモレ丈やマキシ丈のスカートがお勧めです。ミディ丈は膝まで隠してふくらはぎの一番太い部分が強調されてしまうのでお勧めできません。ふくらはぎが気になる方は、ボトムスの丈が重要になってきます。
最後に、下半身が気になる方はお尻や太ももをシェイプアップしてくれるショーツを中に履くこともお勧めします。劇的に痩せて見えるわけではないけれども、ヒップアップ効果はとてもありますし、お尻や太もものラインがなくなるだけでも、着やせ効果があります。

下半身カバー服も隠しすぎNG

下半身太りで悩んでいる女性は決して少なくありません。女性はどうしても男性に比べて冷え性だったり下半身の血流が悪くなりやすかったりしますし、体質的に下半身太りになりやすいものです。お尻が大きかったり脚が太かったりすることが悩みでそれを隠すための「下半身カバーファッション」に走ろうとする人は少なくありません。しかしながら、太い下半身を隠そうという思いが強すぎるあまり、過剰に下半身だけを隠し過ぎるのも禁物です。下半身を全部隠そうともっこりとした長いワンピースやスカートを履いてしまうと重い印象になり、脚やお尻が直接見えていなくても「きっと太いのだろうな」と想像させてしまうようなファッションになります。また、ワイドパンツも脚そのものは隠すことができてもやはり太ももだけではなく太ももよりは細いふくらはぎも隠してしまってワイドに見せてしまうため、下手したら実際より太い印象を与えてしまいます。そこで、一番気になる部分を一つ選んで隠すことが賢いです。お尻が大きいことがコンプレックスならできるだけ細いふくらはぎを露出してスカートかパンツや短すぎないものにしましょう。お尻の部分がダボッとゆとりがあり脚の部分は割とぴっちりしているタイプのものが効果アリです。スカートでもフレアー型のものだと身体の中心から注目を遠ざけてくれます。下半身太りをカバーするためには「隠す」部分とあえて「露出」する部分を上手く見つけ出しましょう。

美脚に見せるパンツスタイル!

パンツスタイルで脚を美しく見せる大きいサイズのワイドパンツをためには、自分に合ったパンツを選ぶことが重要です。美脚効果が最も高いパンツをナチュラル系ファッション通販は、スキニータイプのパンツです。スキニーは脚にぴったりフィットするデザインなので、脚のラインがハッキリと見え、他のパンツよりも脚を細く綺麗に見せてくれる効果があります。サイズは、きちんと自分に合ったものを選んでください。あまりにピチピチだと、逆効果になる可能性もあります。丈は足首が少し見えるくらいがちょうど良く、綺麗に見えます。ハイウエストのスキニーは腰の位置が高いことによって、その分さらに脚を長く見せてくれる効果があるのでオススメです。デザインとサイズの次に重要なのは、パンツのカラーです。美脚に見せることを重点に選ぶのであれば、膨張色(ホワイトなど、明るく薄い色)は、あまり選ばない方が良いでしょう。もちろん、トップスや他のアイテムとの組み合わせによっては、膨張色でも綺麗に見せることはできます。失敗せず、確実に美脚に見せることができる一番オススメのカラーは、ブラックとネイビーです。この2色は、人を問わず引き締めて見せてくれます。デニムパンツなら、できるだけ濃い色のものを選ぶと良いでしょう。

膝下スカートを選びましょう

大人のスカート選びでは、膝が隠れる丈がおすすめです。というのも、年齢は膝に表れるからです。10代のきゅっと締まった膝と比べると、どうしても皮膚にたるみが生じて見劣りしてしまいがち。膝丈スカート、またはロングスカートがベストです。若作りしている、なんて思われたくないのなら、短いスカートは控えた方が無難です。長さにさえ気を付ければ、色々な柄や素材のスカートが、いくつになっても大人っぽく楽しめます。ガーリーな花柄スカートが好きな方は、大きい花柄より、小花柄を選ぶと大人らしく上品です。小花柄に限らず、柄物ならダークカラーを選ぶとしっくりきます。デニムスカートであれば、淡い色より濃いめのデニムがカジュアルになりすぎないのでおすすめです。さらに、タイトなものや、ロング丈を選ぶとベター。女性らしい軽やかなチュールスカートも、ホワイトやピンクは避けて、グレーなどのダークカラーなら大人っぽく着こなせます。チュールスカートはボリュームがあるので、トップスをタイトなものにするとバランスが良くなります。柄のあるスカートや、チュールスカートはそれだけで存在感があるので、トップスは無地などシンプルなものと合わせるとよいです。

今年注目のティアードアイテム

この夏、注目のトレンドと言えば何とってもティアードアイテムで、私も今とても注目していて、お店でもティアードスカートはもちろん、ワンピース、チュニック、ブラウスと様々なティアードアイテムが出ています。これらティアードアイテム、一見甘くなり過ぎになってしまいそうで取り入れるのを躊躇してしまいがちですが、実はとっても使える優秀アイテムなんです。まず、ティアードアイテムひとつ取り入れるだけで、いつものコーディネートを一気に華やかにすることが出来ちゃいます。いつものデニムにティアードのブラウスやチュニックを合わせるだけで、カジュアルな中にも女性らしい可愛らしさを取り入れられ、カジュアルデートにもピッタリですし、デニム効果で甘過ぎにもなりません。また、ワンピースのようにティアードの面積が大きいものは逆に足元をスニーカーにしたり、キャップを合わせたりして甘さを抑えることによってグッと普段使いしやすくなります。それでもまだお洋服でティアードアイテムを取り入れるのはちょっと抵抗があるという人にはバッグなどの小物という手もあります。小物ならさりげないのでそんなに抵抗なく取り入れられやすいですし、ちょっとティアードが入っているだけで流行をちゃんと押さえている感も出せちゃいます。そして、カラーは今年注目のカーキやブラウンなどのアースカラーを選べば大人女子でも抵抗なく着やすくなりますし、重ね着などで秋の初めまで使えます。このように、実はティアードアイテムはどんなファッションにも合わせやすく、着回しもしやすい万能トレンドアイテムなのです。今年はティアードアイテムを積極的に取り入れて、パッと華やかなコーディネートを楽しんじゃいましょう。

年齢にあった洋服選びが難しい

私は若い頃から洋服が大好きで、いろんなジャンルの洋服にトライするのも好きでした。流行を追ってシーズンごとに洋服を買い足してコーディネートを楽しんでいました。「オシャレだね」と言われるのが何よりの喜びでもあったのです。しかし、30代40代になってくると周りの友達とのファッションの違いに驚く事が増えました。30代も半ばを過ぎた頃にもなると親にも「普通の格好できないの?」と咎められる事も増え自分でも年相応のファッションをしてみたくなった頃だったので40代向けのファッション誌を何冊か購入しました。しかしどれもピンと来ないどころか拒否反応の方が強くて悩んだ時期もありました。そんな時に出会ったのがブログでした。同年代の大人が昔のファッションを引きずらないようにアドバイスしてくれるブロガーさんです。流行しているファッションは小物だけ抑える事や、着やすさ動きやすさコーディネートが簡単な洋服や着こなし術を伝授してくれるのでパンツ一本買うにも参考になりました。顔周りを明るく見せる色やコーディネートに迷ったら紺ネイビーに頼るなどためになることばかりです。お蔭で手持ちの洋服を無駄にすることなく元気な40代に見せる洋服を選べていると感じています。最近では困った時は雑誌よりSNSに頼りっぱなしです。

服は年齢と共に変化しません

私は服にしろ何にしろ、元来、流行には鈍感です。「今、何が流行っているのやら」で過ごして来ました。それでも若い頃は、現在よりはましだったかもしれませんが。今は、「今年の流行のスタイル」ですとか、「流行の配色」とか、他人の格好も雑誌もあまり見ないので、とんとわかりません。そのせいもあって、毎年のように服を買ったりしません。それと、服を買わないのは、経済的理由もあります。ただ、私は通販が好きなので、通販の品は、お小遣いを貯めて買うことがあります。そんな私なので、実は10年~20年以上着倒している服が、ざらにあるのです。つまり、それだけ若い頃の服を今も変わらず、平気で着ている訳です。こう書くと結構すごいですね。さすがにヘビロテの服は傷んでしまって、処分しますが、年に負けず頑張ってくれている服たちです。そして、年に負けず頑張っているのは、私も同じです。若かった頃の服を平気で着られるこつは、まず第一に、私は地方在住で、人付き合いが狭く、気合を入れて服を選ぶ必要があまりないことです。第二に、私は服を年齢に合わせて買いませんが、肌の手入れや化粧のしかた、体のスタイルには気を遣っています。さすがに出産後、太ってしまって困りましたが、その時期も肌の手入れや姿勢や歩き方等、できることは努力しました。また、年を取ると顔がたるむので、美しい笑顔を作って、たるむのを最小限にとどめる努力もしました。第三に、服を買うときは、できるだけ流行に左右されにくいプレーンなデザイン、材質の品を選ぶようにしています。第四に、服選びではこれが最重要かもしれませんが、可能な限り品質の良い品を選ぶようにしています。一般的に、お高い服の値段は、伊達ではありません。わかりやすく言えば、一流ブランドの品は、やはり良く作られています。しかも、購入当時最新のデザインだとしても、後々まで着られます。というか、私は着ています。地方の特権なのか、古いデザインだとしても、着ていて違和感がありません。以上のような理由で、私は今も昔の服を平気で着ているのです。終わりに、経済的理由で服が購入できないとしても、それはそれで頭を使うようになるので、あながち悪いことばかりではありません。

ママコーデはバランスが大事

忙しくてもおしゃれを楽しみたいと考えているママは多いと思います。でも仕事と育児で慌ただしくしていると着るものまで気を遣えない事もあります。着やすくて動きやすくておしゃれなアイテムを上手に組み合わせると忙しくてもおしゃれを楽しむことができます。それから全体のバランスも考えたいポイントです。出産後は体型が崩れやすくなると言われていますが、少し太ってしまったとしても、全体的なバランスを良く見せることができるとスタイルが良く見えます。上下で選ぶアイテムのバランスに気を付けてみてください。ぴったりとしたパンツを履く場合は、トップスはゆったりしたものを選びます。ふんわりした素材のものを選ぶと優しい雰囲気になります。反対にフレアスカートなどを履く場合は、ぴったりしたものをトップスにします。色選びも大切です。黒やグレーなどではなく明るい色を取り入れて華やかさも出しましょう。トップスに明るい色を取り入れると顔全体も明るく見えると言われています。派手なメイクをしなくても明るい印象になります。足首や手首など細い部分は出すようにして細く見えるスタイルにしてください。いつまでもおしゃれなママでいるために全体のバランスをしっかりチェックしてみてください。