大人女性にお勧めのオーバーサイズの着こなし

大人の女性がオーバーサイズの服を着こなす時のポイントは身幅と着幅のバランスと言えます。
オーバーサイズの服はリラックスして着ることが出来ますし、体型を隠したいという大人の女性にも最適なのですが、ポイントを外すとだらしなく見えたり、子供っぽく見えてしまうので注意が必要です。
ちなみに身幅は少々大き目でもOKですが、着幅はジャストサイズを選んで下さい。そうすればオーバーサイズでもだらしなく見えずに済みます。

あと全てをオーバーサイズでまとめるのではなく、1つのアイテムだけオーバーサイズを取り入れるのもポイントです。
例えばゆったりとしたサイズのトップスならボトムはジャストサイズのモノを、トップスの重ね着をする場合は一番上に羽織るモノだけをオーバーサイズのモノにしましょう。
ボトムをオーバーサイズにしてしまうとウエストが合わずにズレ落ちてしまったり、足の長さが長すぎて折る羽目になるので、トップスの方をオーバーサイズにすることをお勧めします。

あと素材選びも大切で、上品な光沢と優しい肌ざわりのフィンクス綿のトップスならオーバーサイズでもあまりラフな雰囲気になりませんし、シルエットもキレイなので大人っぽい感じです。