サイズとデザインに気をつけよう

大きいサイズの春夏のレディース服を購入する場合、季節的に暑くないものを選びがちです。
そのため肌に密着しないように、普段よりワンサイズ上のものや、デザイン的にゆったりしたものを選ぶ方が多いと思います。

確かに涼しくて良いのですが、どうしても太って見えやすい傾向があります。
そもそも大きいサイズの作りになっているので、店頭で購入する場合は試着して確かめ、ほどよいサイズで選ぶようにしましょう。

またサイズで涼を求めるよりも、涼しい素材のものを選ぶという選択がおすすめです。また春夏は腕や足など素肌の露出度が増すため、見せたくない部分をカバーできるデザインで選ぶことが大切です。
例えばトップスで言えば、二の腕が出てしまうようなデザインのものは避けたいアイテムです。デザインによっては、二の腕をカバーしつつファッショナブルナ袖のアイテムもあります。

パンツ類は、長過ぎず短すぎない丈のアイテムを選ぶとスッキリ見えます。大きいサイズにも、トレンドのガウチョパンツやワイド系パンツがあれこれ揃っているのでおすすめのアイテムですが、長すぎると太って見えやすいので避けた方が無難です。
足首が見える丈のパンツを購入して、スッキリした着こなしを目指しましょう。